協賛のお願い

 

 日本公衆衛生看護学会は国民の健康の保持増進に寄与することを目的に、その活動の担い手である保健師の活動を充実発展させ、活動の基盤となる公衆衛生看護を学問として構築することを目指して、2012(平成24)年7月に設立されました。保健師及び関係者の皆様の熱い思いに支えられ、この4年半の期間で会員数1,800名を超える学会に成長しました。2015年4月に一般社団法人日本公衆衛生看護学会となり、社会的な責任を果たす存在として発展を続けています。

 学会の主要事業として、年に1回の学術集会を開催しています。第6回学術集会では、メインテーマを「公衆衛生看護の原点から未来につなぐ」とし「健康格差解消にむけ、地域の人々と協働する新たな保健師の力の共有」を掲げます。公衆衛生看護活動はその時代その時代の健康課題に合わせた活動を展開していくことと、時代が変わっても、地域を拠点にした活動の原点をしっかり伝えていくことの両方が求められています。本学術集会では公衆衛生活動の原点を踏まえ、人々の健康の格差と多様な健康状態に対し、人々が生活する地域に出向き、人々の声を聞き、住民や関係職種と協働する保健師の力を共有し、原点を未来につなぐ方略を強化したいと考えています。人々のライフステージのすべてにかかわり、健康を護るさまざまな活動をさらに発展させていく場になることを期待します。

 本学術集会の開催にあたりましては、できる限り自助努力で運営してまいる所存ですが、本学会の目的に沿って充実させ、その成果を社会に根付かせ、着実なるものとするために、各種のご協賛を仰ぎたく存じます。どうか本学会の趣旨にご理解とご賛同をいただきご支援を賜りますよう、何卒よろしく申し上げます。

 

趣意書ダウンロード

※ランチョンセミナーの協賛申込受付〆切は6月30日から8月31日に延長しました。

 

お申込方法

お申込にあたっては、趣意書の末尾にございます申込書をFAXかメールで送信して頂くか、以下のフォームより情報を送信してください

お問い合わせ

左記の運営事務局宛にご連絡ください。

後援

  • 厚生労働省
  • 大阪府
  • 大阪市
  • 大阪府市長会
  • 大阪府町村長会
  • 大阪府看護協会

学術集会事務局

大阪府立大学大学院
看護学研究科 地域看護学分野

〒583-8555
大阪府羽曳野市はびきの3-7-30

E-mail:
japhn-6@nursing.osakafu-u.ac.jp

学術集会運営事務局

株式会社ユピア 担当:国井

〒456-0005
名古屋市熱田区池内町3-21

E-Mail:japhn6@yupia.net
FAX:050-3737-7331


TOP